大井松田LINE

大井松田校LINE登録はこちらをクリック! 友だち追加

2020年11月17日火曜日

真価が問われる中3冬期講習

 冬期講習生の募集を開始しています。

冬期のチラシも完成しました。

近々、当塾のチラシが入りますので、お手に取ってご覧いただければ幸いです。


さて、待ったなしの中3。

冬期講習を皮切りに、多くの実践問題を解いていきます。

冬期講習中に全4回解いていきます。

「模試ばかり解いてどうなるの?」とお思いになる方もいると考えます。

確かに、ただ解いて終わりではなんの意味もありません。

自分の弱点教科・分野を潰す勉強をする。
模試に向けた戦略を立てる。(合格点をどのように取っていくのか?落とせない設問など)
模試を受ける。(入試本番だという意識、時間配分・ペースの確認、集中力をつける)
解答・解説(ここが一番大切!!)
戦略通りに得点できているのか?答案分析。(さらにここも大切!!)
はじめに戻る。

ここまでを一連の流れとして、取り組まなければ意味がありません。
学心塾ではこの一連の流れを大切に取り組ませています。
また、学心塾では、一人ひとりの答案を分析し、指示出し・アドバイスを行っています。

長年、こういう取り組みくを続けて、ぐんぐん力をつけさせています。

一日一日の模試を大切に。
模試をしっかりこなせていけば、必ず得点力がつきます。


受験前、もし、受験でお困りの方がいましたら、当塾の冬期講習を宜しくお願い致します。

2020年11月16日月曜日

心配される高校入試

 中3生の定期テストが終わり、いよいよ入試シーズンの到来です。

保護者の皆様とも面談が始まり、本格的な受験校選定に移りました。

すでに公立高校の入試は2月15日と決まっており、そこに向けてスタートを切っています。


しかし、ここにきて、新型コロナウイルスの第3波がやってきたようです。

寒い時期、コロナがやってくるのは想定していたことです。

実際、このように第3波が来ると、嫌なものですね。

緊急事態宣言時のことを思い出してしまいます。


このコロナ禍を受け、私立高校では、一般入試を筆記型から書類選考型に移行する高校が増えました。(もともと書類選考にシフトする高校はありましたが。)

公立高校を第1に考える受験生にとっては、私立一般入試は必要不可欠と考えていたので、時代そしてコロナ禍では仕方ないのでしょうね。


変更につぐ変更で、体制を整えるのが難しい状況下ではありますが、受験生にはベストな状態で受験を迎えてほしいと願っています。


学心塾スタッフ総出で、受験生をバックアップします!


勝ち取ろう!第1志望校合格を!!

2020年11月2日月曜日

冬期講習2020 受付開始!!

学心塾大井松田校では、冬期講習生の受付を開始しました。

塾をご検討中の皆様、今冬、学心塾で勉強しませんか?

宜しくお願い致します!!

詳しくは、学心塾HPより御覧ください。




2020年10月31日土曜日

中3生、最終定期テストに向け、追い込み中!

とうとう、中3生は実質最後の定期テストまで、後4日!

当然、土曜日・日曜日も追い込み勉強会を実施しています!

ハロウィン真っ盛りの本日ですが、中3生は無縁の勉強タイム。塾からのプレゼントはお菓子でなく、抜き打ち小テストでした。

列対抗でやったところ意外に盛り上がったので、何度も実施。

明日もやります!テスト範囲のものはしっかり確認を!

2020年10月24日土曜日

今回は・・・は、ない!

 泣いても笑っても、中3生実質上の最後の定期テストを迎える。

この定期テストを終えると、一気に入試モードに切り替わる。

よく耳にする「今回のテストは自信ない、、、。」

そして、「次のテストは頑張る!」だ。

中3生にとっては、もう次はない!

このテストですべてが決まると思って挑まないといけない。

次があるという甘い気持ちでテストに臨むから、十分な力を発揮せず終わるのだ。

入試の時に次があるのか?

追検査??

追検査は甘い気持ちを持った者に用意された試験ではない。

入試は当日2月15日の一発勝負だ。


甘い気持ちを捨て去り、この最後と言っていい定期テストに全力を傾けるように。

その気持ちのあり方で、入試を戦う。


頑張っていこう!!受験生!!気合を入れます。



※冬期講習生の募集の時期です。

もうしばらくお待ち下さい。

要項ができ次第、お知らせしていきます。

宜しくお願い致します。

2020年10月17日土曜日

評定3は真ん中なのでしょうか。

 中学生の成績が判明しています。

絶対評価の成績。

一喜一憂してしまうのが性。


来年度、この絶対評価の観点が変更になります。

今までの

①関心・意欲・態度

②思考・判断

③技能・表現

④知識・理解

から

①知識及び技能

②思考力・判断力・表現力等

③主体的に学習に取り組む態度

に変わります。

学校がどのように評価していくのか詳しく見ていかないといけませんね。


さて、その成績。

評定3とはどんな成績なのでしょうか?

普通。

そう評定3は5段階評価の真ん中です。

「評定3は普通だね!」となります。

しかし、どうでしょう?

9科目で評定3ならば合計27

神奈川県の入試に当てはめるとA値81(2年の評定+3年の評定×2)になります。

一概には言えませんが、A値81の成績の子が狙う高校は?

偏差値帯で見ると、40程度になります。

偏差値50が平均と言われていますから、40ということは真ん中とは言えません。

一側面からの見解なので、どうとは言えませんが、評定3は真ん中とは言い切れないということです。

テストだけで計れない絶対評価ですから、前述した観点を考慮して評価がくだります。

評定の価値は上がりますね。

中堅以上の高校・偏差値50台の高校を狙っていくには、評定4以上が必要になります。

真ん中という言い方が適切かどうかは定かではありませんが、評定4が今の時代真ん中なのだと言えます。

すべて数字で計ることはできませんが、一つの目安として考えていただければと考えます。


中1生・中2生

評定3がついている科目は要注意ですよ。

今すぐ、原因を解明し、対策を講じておかないといけません。


学習面でお困りのことがありましたら、学心塾大井松田校へ!!

宜しくお願い致します。

2020年10月13日火曜日

2020年度 初成績表

2学期制の学校は、今年度初めての成績表が出てきました!

まだ、全員分の成績表が揃っていないのだが、中3生は4段階・5段階アップ者も出てきている。

コロナ禍で、勉強に対するモチベーションを保つのが大変だった中、きちんと結果を出すものが多数いたのが嬉しかった。

「勉強はやらされるのものでなく、自らやるもの」 良く子供たちに声を掛けている言葉であるが、理屈でわかったいても実行するのは、天と地ほどの差がある。

特にこういう環境だとエンジンをかけ直すことは容易くなかったはず。

また、今回結果が芳しくなかった者もこれをバネに今後頑張っていこう!